スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

確定申告について 



ビーコムズ平林です。
少し早いかなと思いましたが参考までに。
サラリーマンですと確定申告はありませんが、申告をすると戻ってくることがありますので、当社も年末調整のため書類を提出いたしました。

そして、年末調整金額の連絡がありました。
所得税が減額にはなりましたが、定額減税が無くなり、プラマイゼロとはいかなくてむしろマイナスとなっているのに驚きました。
前年度の税額と同等の控除される書類を提出しましたが、年末調整で戻ってくる金額は格段の差となりました。

前年度4万円が9000円のもどりとなりました。
確か政府の発表では所得税が減額になるから定額減税が廃止になってもそんなに変わりは無いような印象を受けましたが、私の勘違いでしょうかね?
税金の無駄遣いで国の財政が赤字財政になったのではと言いませんが、結局付けを払わせられるのは国民です。

結局は数の多いサラリーマンからの税収が手っ取り早い財政負担となるのでしょう。
この国には政治家不在なのではと思わずにいられません。
しかし、皆さんが選んだ人々です。
共同責任の一端は国民にもあるのでしょうか。


確定申告の話に戻しましょう。
まず、途中退職でも毎月の給与や賞与から引かれる所得税は、その人が1年間働いたと、いう前提で計算されています。
そのため年の途中で退職すると多くの場合、税金を払いすぎていることになります。

その年のうちに再就職すれば、新しい就職先が年末調整で税金の清算をしてくれますが、自営業になったり、就職が年を越してしまったりした場合には、清算が行われません。
このような場合は確定申告をすることで、払いすぎた税金を返してもらうことができます。

確定申告で税金が戻ってくるなかで一番多いと思われるのが医療費控除。
1月~12月末までの医療費が10万円を超えた分に対して所得から控除されます。
医療費は家族の分を合算することが出来ます。
ただし、民間の医療保険などから入院給付金などを受け取っていたら、その分はかかった医療費から差し引きます。

あくまで控除の対象となるのは基本的に治療にかかった費用で、予防や健康状態の改善の為のものは適用されません。
医療費控除を受けるためには、申告書の他に医療費の領収書、交通費については何時どこへ行って、いくらかかったということがわかるメモでよいそうです。

今日はこれで。

次回に『2.マイホームを購入した場合』『3.年末調整後に子供が生まれた場合』など載せて行きたいと思います。
今日も元気で頑張りましょうね!!


Bee Comms
スポンサーサイト

[ 2008/01/17 12:59 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Bee Comms

Author:Bee Comms
FC2ブログへようこそ!
Bee Comms(ビーコムズ)社長日記です。
「美容や健康」についてや「世間話」など、書きたいことを書いていく予定です。

FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中!
1クリックお願いします。

FC2ブログランキング

ブログ検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。