スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

リンゴについて 


ビーコムズ平林です。
今日お隣さんからリンゴをいただきました。
とても美味しく姿形の美しいリンゴでした。
ご馳走様です。

リンゴの品種は世界で2000種を超えるそうです。
日本には奈良時代に中国から伝わってきたとされています。
本格的な栽培がはじまったのは明治以降、「国光、紅玉」などアメリカから75種が導入され、以来品種改良が重ねられ数多くのリンゴを味わうことが出来るようになりました。

ヨーロッパでは「リンゴが赤くなると医者が青くなる」「トマト?」ということわざがありますね。
リンゴは健康にいい果物として親しまれてきました。

リンゴに含まれる有効成分のうち、特に水溶性の食物繊維「ペクチン」というのがありますが、ペクチンには血液中のコレステロール値を下げる働きがあり、動脈硬化の予防にもよいそうです。
そしてさらにビフィズス菌などの善玉菌を増やし、老廃物、発がん物質の排泄をうながすそうです。

リンゴの皮の赤い色は、ポリフェノールのアントシアニンによるものですが、アントシアニンは有害な活性酸素を除去する抗酸化にすぐれ、免疫力を高めるほか、抗がん作用も期待できます。
そして、腸内の水分を吸収してゼリー状になるため下痢や便秘にもよいですね。
また、ニンニクを食べた後の口臭予防にもオススメです。
ペクチンも果肉より皮に多く含まれていますのでリンゴは皮ごと食べましょう。

リンゴの主成分はブドウ糖などの糖質で、疲労回復、集中力を高め、体内の余分な塩分を排出し、高血圧を予防するカリウムも豊富です。
食べ合わせには、糖質の働きを助けるビタミンB1に富んだカシューナッツや落花生などがお奨めです。

こんなに素晴らしい果物があるんです。
健康を心配する前に今が旬の美味しいリンゴを食べてみてください。
食べた後から健康はついてきます。
頂き物のリンゴから沢山の健康をもらいました。

皆様にもお裾分けです。
美味しいでしょう?


Bee Comms
スポンサーサイト

[ 2007/11/21 12:05 ] 美容・健康 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Bee Comms

Author:Bee Comms
FC2ブログへようこそ!
Bee Comms(ビーコムズ)社長日記です。
「美容や健康」についてや「世間話」など、書きたいことを書いていく予定です。

FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中!
1クリックお願いします。

FC2ブログランキング

ブログ検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。