スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

なぜ血圧を下げなければいけないのか? 


ビーコムズ平林です。
前回に続き血圧のことを載せてみたいと思います。

高血圧は心臓だけでなく、全身の臓器にダメージを与えるといわれています。
全身の血管が段々硬くなりまた狭くなって、動脈硬化が引き起こされるのと、これが心臓の血管に起こると『狭心症』や『心筋梗塞』になることは皆様もよくご存知のことですね。

そして、脳や腎臓に起これば、生命に関わることとなります。
生活習慣の改善と血圧をコントロールすることで、こうした病気を防ぐことが出来ます。
脳血管に与えるダメージが如何に大きいか考えてみてください。

日本人に最も多い脳出血。
心臓では太い冠動脈の虚血が起きますが、脳血管では細い動脈が障害されることが多いです。
脳の細動脈が壊死を起こし、小動脈瘤が形成される。
この小動脈瘤が破裂すると、『脳出血』が起こり、血栓によって詰まると『ラクナ梗塞』と呼ばれる小さな脳梗塞が起こります。

その他に、脳内の太い動脈や脳外の動脈が動脈硬化によって狭くなったり、詰まったりしておこる『アテローム血栓脳梗塞』があります。
アテロームはコレステロールなどの脂質の集まりで、これが破裂して血栓生じ脳梗塞がおこります。

心臓に出来た血栓が脳に流れ、太い血管が詰まって起こるもので、『心原性能梗塞』と言われているものになります。
糖尿病、高脂血症などと共に、高血圧が関わってきます。
脳血管障害をまとめて脳卒中といわれていますが、日本では多いといわれております。

一命をとりとめても、麻痺、言語障害、認知機能の低下などの後遺症が起こることが多いです。
主に高血圧によって起こる脳出血、ラクナ梗塞の発症予防は日本人の重要な課題となっているそうです。
今日はこれで。
また明日・・・


Bee Comms
スポンサーサイト

[ 2007/09/03 13:55 ] 美容・健康 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Bee Comms

Author:Bee Comms
FC2ブログへようこそ!
Bee Comms(ビーコムズ)社長日記です。
「美容や健康」についてや「世間話」など、書きたいことを書いていく予定です。

FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中!
1クリックお願いします。

FC2ブログランキング

ブログ検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。