スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

中越地震「企業の動き」 

ビーコムズ平林です。
被災地支援にいち早く動いたのは「イオン」。
16日の11時には本社会議場で岡田元成社長以下商品部、人事部、各部門の担当者40人近くが集合。
対策本部が立ち上がったそうです。

TVなどの報道で被害が大きいのは柏崎市周辺とわかると、イオンはすぐに柏崎市役所へ電話を入れ「水や、おにぎりなどの用意があります」と申しでた。
一万人を超える避難者を出した柏崎市と刈羽村は支援物資の送付を依頼。
イオンは正午には水や、お茶、パンなど被災地へ送り出した。

地震発生の第一報が入ってから、僅か2時間。
さらに要請があればヘリコプターや避難用の大型テントを用意する準備もあった。
イオンでは年に二回防災訓練と併せて災害支援に関する予行演習を2003年から実施している。

被災地の支援でカギを握るのは、『社内情報の管理』、水やおにぎりなどの『在庫状況』、『物流ルートの確保』など自社で何が出来るかが分かってないと具体的な行動に移せない。
予行演習を通じて、それぞれの部門の担当者が必要な情報を即座に把握できるための仕組みを作り上げていた。

イオンが此処まで災害支援に備えるのは阪神・淡路大震災の時マニュアルはあったが、思い通りに機能せず支援がままならなかったと言う過去の反省があって、災害支援体制を整えたそうです。

そして発生から3日後に医薬品を積んだヘリコプターで現地に下り立った。
岡田社長は凄惨な状況を見て、指令を飛ばした。
「従業員の安全を確保しろ、そして地域のハブとしてイオンが何を出来るか考えろ」

一連の経験からイオンは「災害時には初動が大事」と学んだと言います。
被災者が最も不安なのは、災害発生当日の夜。
このタイミングに救援物資を間に合わせようと取り組んできたそうです。

私はこれを読んで感激しました。
よくデパートなどに出かけている時、もし今地震が起きたらどうなるんだろうと不安に駆られますが、イオンなら大丈夫と確信することが出来ました。
イオンは大企業です。
他の大企業はこうした取り組みをしているところがどれほどあるのでしょうか。
最高責任者に敬意を表したいと思いませんか?

世の中捨てたもんじゃありませんね。
こんな企業もあるということを是非皆さんに知っていただきたいと思います。
イオン頑張れ!!


Bee Comms
スポンサーサイト

[ 2007/07/26 10:42 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Bee Comms

Author:Bee Comms
FC2ブログへようこそ!
Bee Comms(ビーコムズ)社長日記です。
「美容や健康」についてや「世間話」など、書きたいことを書いていく予定です。

FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中!
1クリックお願いします。

FC2ブログランキング

ブログ検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。