スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ホテルの夜勤が怖い 


ビーコムズ平林です。
昨日お昼の食事に出かけたオーナーの家族の方が、名古屋では一流ホテルのホテルマンということで2時間ばかりお食事しながらのおしゃべりを楽しんできました。
夜勤が怖いと言っても幽霊が出るとかそんなことではありません。
某シティホテルに勤務していた頃のお話です。

それは何年か前のお話で、ある深夜のことホテルのロビーにいた彼は不意にズーンという鈍い物音が建物を震わせ響いたのを耳にしたそうです。
何の音だろうと新人の彼は首を傾げていました。
側にいた経験豊富なナイトマネージャーがポツリとつぶやいたそうです。
「あぁ・・誰か飛び降りたな・・」
そのときの音は今でも忘れないそうです。

こういう自殺事故の起きた客室はどうするのか。
万一事故が起きた場合は長い間閉鎖したのちに改装するか、おはらいをしたり、盛り塩をしたりするそうです。
そういったいわくつきの部屋は『ハウスユース』と言って、夜勤の従業員が待機する部屋として利用することも多いそうです。

フロントマンは自殺事故の起きた部屋番号を控えておいて、お客様にはその部屋は避けるそうです。
でも事情を知らない従業員がその部屋に泊まり、
「なんだか、いつもこの部屋に泊まると寝苦しいんだよね・・・」
と言うようなことになるそうです。

アフターケアをしっかりし、再び客室としてお客様をご案内することも勿論あるそうです。
「あぁ、この部屋で以前・・・」とつい思うそうです。
ましてや新婚カップルだったりすると、とても申し分けない気持ちでいっぱいになると言っていました。

死にたいほど辛いことがあるのはわかります。
でも、ここで死なれると次に泊まるお客様を本当につらい気持ちで迎えなければならないので何とか・・・
これが偽らざるホテルマンの心情だそうです。

こんな話を聞いて思いだしました。
私が3年前ぐらいでしたか。
札幌のあるホテルに泊まった時のことを・・・
「もしや、もしや」です。


土、日をかけ仕事で参りました。
満室のところをキャンセル待ちして宿泊したのですが、一晩中うなされ本当に怖い夜でした。

もし、その部屋がそんなことがあった部屋だとしたら、
「どうしてくれるのよー」過ぎたこととは言え絶対嫌です。
怖いですねー。

美味しい食事も、上の空となりました。
彼は母親であるオーナーに「馬鹿!!」の一言でした。
皆さんも気をつけてお泊まりください。
また来週


Bee Comms
スポンサーサイト

[ 2007/06/22 11:35 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Bee Comms

Author:Bee Comms
FC2ブログへようこそ!
Bee Comms(ビーコムズ)社長日記です。
「美容や健康」についてや「世間話」など、書きたいことを書いていく予定です。

FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中!
1クリックお願いします。

FC2ブログランキング

ブログ検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。