スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

昨日に続いて高熱です 


ビーコムズ平林です。
子供さんが高熱を出したりしますとご家族は大変心配しますね。
慌てないようにしっかりと覚えていただきたいと思い、載せさせてもらいました。

今年の冬のことでしたが、猛烈に先生に叱られているお母さんがおられました。
そのとき私は友人のお見舞いに出掛けました。
小さな子供さんを抱っこして若いお母さんが飛び込んできました。
「先生に頂いた解熱剤を使ったら子供がこんな風になってしまった」
大変な剣幕です!!

つい立ち止まって見ていました。
夜のことですので、救急センターでしたが、すぐに診察室へ病院は大騒動です。
どうも赤ちゃんは解熱剤で体温を下げすぎた状態になってしまったようです。

お薬の使い方の説明を聞いていたにもかかわらず、すぐに熱が下がらない為、心配の余り短時間の間に解熱剤を何度も使ったみたいです。
「赤ん坊を殺す気か!!」
先生が怒鳴っています。
きっとお母さんは心配の余り使ったのだと思います。
私はその場を離れ、友人のところへ参りました。

「赤ちゃん、助かって欲しいな~」
解熱剤の怖さを知っていないと安易に使ってしまうのですね。
体温を下げすぎると大変なことになります。
命に関わることになります。

まず、高熱で脳が侵されることはまずありませんし、命に関わることもありません
高熱と脳障害について調べられた研究では41.7℃以下の発熱では、熱だけで脳の障害を起こした例はなかったそうです。
大阪小児科学会の発表です。

人間の体は体温調節機能があります、体温は一定の範囲にコントロールされており、高熱といっても41℃以上になることは殆どありません。
熱中症にでもならない限り発熱しても、身体を損なうほどの高い体温にはなりません。

子供さんは体温調節機構が大人とはことなり、高熱になりやすいのです。
子供の場合、37.5℃までの熱は正常範囲です、発熱して高温となっても、大人なら心配な病気も考えられますが、子供はめったにありません。

体温の高さにばかり目をむけがちですが、熱の高さと病気の重さは関係ありません
子供の発熱の多くは、細菌やウイルスによるもの。
身体がその病原体をやっつけようとして高熱になるわけです。


細菌やウイルスは高熱になるだけで死滅しますから、熱が出るというのは身体を守る仕組みがうまく働いているということです。
「体温」で注意したいのは予測式の電子体温計で測った時です。

予測式の電子体温計が読み取る温度は正確ではなく0.3から0.4℃くらいの誤差があります。
熱が出たというとき、問題は熱の高さではなく、その熱の原因となっている病気です。

長くなりましたので、また来週。


Bee Comms
スポンサーサイト

[ 2007/06/15 13:05 ] 美容・健康 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Bee Comms

Author:Bee Comms
FC2ブログへようこそ!
Bee Comms(ビーコムズ)社長日記です。
「美容や健康」についてや「世間話」など、書きたいことを書いていく予定です。

FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中!
1クリックお願いします。

FC2ブログランキング

ブログ検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。