スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

29日・・・今年最後の日になりました。 



ビーコムズ平林です。

今日はこの一年頑張ってくれた弊社の社員に感謝の日です。
そして、この一年拙いブログを見てくださった、皆様に感謝の日です。

皆様のお役に立てるブログをと思ってまいりましたが、中々思うようには出来ませんでした。
もう少し変化のある楽しいものにもしたかったのですが・・・

来年は何とか頑張って、楽しいブログ、皆様に喜んでいただけるブログにしたいと思います。
当社も来年3月でやっと4年目を迎えます。


新春を迎え新しい商品も準備いたしております。
多くのお客様にご愛顧いただきましたこと誠に御礼申し上げます。

皆様にも良い年でありますよう心から念じております。
どうぞ来年もくれぐれも宜しくお願い申し上げます。

来年は1月9日から通常営業となります。



ビーコムズ
代表 平林 弘子

スポンサーサイト
[ 2006/12/29 11:30 ] Bee Comms | TB(0) | CM(0)

クリスマスイブ ~ 三者三様 其の参 ~  


ビーコムズ平林です。
最後は甥の所のクリスマスです。

とても良いお嫁さんを射止めました。
可愛い女の子がうまれ、とても仲良く暮らしています。
ここのクリスマスは甥の実家がクリスマスパーティーをするということで、喜んで出掛けたそうです。
お嫁さんの方の実家はクリスマスを祝うとかは無いみたいです。


綺麗に飾り付けられたツリーを見て、チビちゃんは手を叩いて喜んでいたそうです。
ここは私の一番下の妹の家なのですが、きっと彼女らしいささやかではあるけれど、心のこもったやさしさが感じられるクリスマスディナーだったと思います。

私は岡崎のチビちゃんと甥っ子のチビちゃんそして、大人になりきれないジージ(斉藤の義父)にはメリーゴーランドを送りました。

何故、ジージがメリーゴーランドが欲しいのかというと、これを見ていると近くに孫がいなくても癒されるからと言っています。
見た目はそんなナイーブには見えないのですが・・・

メリゴーランドに明かりが灯って回り始めたらやっぱり、チビちゃんたちは手を叩いて喜んでいたそうです。


岡崎の姪の家族も来年のクリスマスはきっとジージとバーバで過ごすと思います。
なぜかと言うと、きつくお灸を据えておきましたから・・・
少なくとも、クリスマスとかお正月ぐらいは家族と共にと思うことが家族に対する思いやりではないでしょうか。

恋人とのクリスマスもとっても大切ですが、24&25日のいずれかは家族と共に過ごしたいですね。
年老いて子供も大きくなりますと、家にいる時間もほとんど無く、年老いた両親は寂しい思いをすると思います。

幸せを感じた時にはチョピリお裾分け・・・これが思いやりですね。
もうすぐお正月。
もう幾つ寝るとお正月~
子供の頃よく歌いました。
懐かしいですね。
今日もありがとうございました。


Bee Comms




[ 2006/12/27 14:30 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

クリスマスイブ ~ 三者三様 其の弐 ~  


ビーコムズ平林です。
昨日は風邪のためダウンでした。

姪の一人が岡崎に嫁いでいます。
此処にもチビちゃんがいます。
「イブ」に実家に帰ってきましたが、チビを置いてさっさと二人でクリスマスパーティに出掛けていきました。
姪 「まだ10ヶ月だからクリスマスなんて解らないから大丈夫」
と言います。

現代っ子と言えばそれまでですが、やっぱりワガママに育った娘は自己中心的ですね。
そうかといってチビに愛情が無いと言うことではありません。
プレゼントだけはまだ10ヶ月ではとても使いこなせない「黄色いハマー」が買ってありました。
斉藤家の王子と同じ黄色のハマーです。

打ち合わせをしたんじゃないです。
お互い見せびらかす予定が、同じものがあると分かった時は笑ったそうです。


ハマー




欲しいと言う物は大人も子供も同じなのでしょうか。
斉藤家のチビちゃんは自分で選んだ物です。
岡崎は父、母で選んだ物・・・
きっと岡崎のチビちゃんもあと半年もすれば喜んで乗り廻すことでしょう。

いつまでも幸せに!


Bee Comms

[ 2006/12/26 14:00 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

クリスマスイブ ~ 三者三様 其の壱 ~ 


ビーコムズ平林です。
楽しく過ごせましたか?
今年のクリスマスは最低でも、心配いりません。
来年もきっちりとクリスマスはやってきます。
64年間一度もクリスマスがこなかったことはありません。
毎年ケンタッキーで並んでいます。
予約すれば良いものをつい忘れます。

クリスマスは子供たちと恋人たちだけのものではありませんね。
64歳のこの私にも来ます。
プレゼントを貰う側から上げる側に回りましたけど、プレゼントを上げる側から一言。
ウチの王子様へのプレゼント。
デパートへ行った折に小さな子供たちが何を喜ぶか観察してきました。

大きな子は5~6歳ぐらいで、小さな子もプラスチックで出来たドームの中に雪が舞う素敵な玩具の前で座り込みます。
喜ぶ顔が見たい一身で玩具を選んでいる時幸せですねー。
時間が止まってしまいます。

いよいよ『イブ』です。
招待されました斉藤家へ飛んでいきます。
ジイジと、バアバは『京懐石のお弁当』を持って、プレゼントは『ハマーの乗り物』。
知っていますか?
エンジンの音がして電機で動く黄色い車ですかっこいい!!


ハマー




私と主人は『ケンタッキー』。
そして『雪の降るドーム』を持っておじゃましました。
綺麗にセットされたテーブルでディナーです。
二人きりの寂しいXマス・イブかと思っていましたが、それは和やかな、笑い声の絶えない楽しい一時でした。

雪の降るドーム成功でしたね。
チビちゃんは一歳と三ヶ月。
包装紙を破く時の期待に満ちた顔。
お行儀よく座って待ちます。

コードを差込、メロディーが流れ出します。
クリスマスキャロル、ドームの中のサンタさんがゆっくりと回り始めます。
深々と雪が降り注ぎます。

ファイバースノーイング



感動的でした。
きちっと『ありがとう』も出来ます。
ジイジ、バアバ、一人ずつの手を取って『見てごらん』と言うしぐさをします。
何回も何回も。
そして「ハマー」にもかっこよく片足をヒョイと上げてまたがります。
得意満面です。
そしてクライマックスです。
チビちゃんの父さん、母さんからのプレゼントです。

如何してもこれを買ってやりたいと発売日にとんでいって買い求めたものです。
部屋を真っ暗にして見上げると其処には満天の星空でした。
声も無く、上を見上げて見ているチビちゃんを暗闇の中で見ていると、こんなに小さいのに大人のように興味を示します。

ホームスタープロ



「この子は天才だぁ」
ありがとう。
素敵なイブをくださって感謝

また明日


Bee Comms

[ 2006/12/25 11:30 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

 

クリスマス・イヴ 前・前・前日


ビーコムズ平林です。
もうすぐ「クリスマス」。
皆さんプレゼントの用意は出来ましたか。
「私たち日本人にはクリスマスなんて関係ない!」
なんて言わないで下さい。


子供たちがとっても楽しみにしています。
私たちの時代にはクリスマスか誕生日ぐらいしか親からのプレゼントはありませんでした。
欲しい物があると、
「サンタさんにお願いしなさい」
そういわれて育ちました。
だから、小学生になってもズーッとサンタさんはいると思っていました。


楽しいことはひとつでも多くあるといいなと思います。
チビちゃんたちへのプレゼントは、近くにトイザラスがありますので、そこで用意しました。
クリスマスになると、ここ何年間は近くにトイザラスがあることで、買い物は助かっています。
毎年この時期は、クリスマス2週間前~お正月まで大変にぎわっています。
でも、連日トイザラスへのお客様たちでとても嫌な思いをすることがあります。



お子様連れで買い物に来ている親たちに言いたいことがあります。
せっかく楽しいプレゼントの買い物に来ているのに、まったくマナーの悪さには驚きます。
どんな時でも子供は親を見ています。
子供たちに大切なことを教育しているのは、自分たちであるということを忘れているのではないですか?

まず、車の大渋滞。
私たちが外出する時に41号線に出られません。
帰り道はいつも裏道を使います。
こんなことはまだ問題ではありません。
至る所に駐車をします。

そして、その車が出た後を見ると愕然とします。


子供たちに買い与えた玩具の包装紙や発泡スチロールが捨てて有ります。
ゴミを家にもって帰ろうと言う意識がまったくないのでしょう。
車に乗るとすぐにビリビリと包装紙を破く子供さんの笑顔が浮かんではきますが、
まず家に帰ってから丁寧に包装紙は取ること、
家に帰るまで我慢をさせること、
お父さんお母さんにお礼を言わせること、
たった一つのクリスマスプレゼントでも、これだけのことを子どもたちに教えることが出来るのではないでしょうか。

それを車に乗ったと同時にビリビリでは、そして窓を開けて外へゴミを捨てる。
貴方の家でもそうしていますか?
この子供たちが大人になったときやっぱり、親と同じことをするのです。

貴方の恥を子供さんが受け継いでいきます。
せっかくの楽しいプレゼントのお買い物。
子供たちの事を本当に大切に考えてください。

また来週。
今日もありがとうございました。



Bee Comms

[ 2006/12/22 13:41 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

手術室でメスが飛ぶ時 


ビーコムズ平林です。
今日も少し病院の裏話を・・・


普通新入社員には見習い期間というものがありますが、お医者さんにはありません。
研修医がそれにあたると言えばあたるのかもしれませんが、例え見習い期間中といえども人の命を預かることに変わりはありません。
ミスは絶対にゆるされません。

当然彼らへの風当たりは強くなります。
特に序列の厳しい大学病院などは、上司の研修医への扱いは悲惨なものだそうです。
慢性病患者のカルテが必要以上にボロボロなのは、研修医を叩くためだそうです。

K大学病院の名物助教授は腕はいいが、気が荒いと評判です。
使えない研修医には殴る、蹴るは当たり前だそうです。
さすがにオペ中は両手がふさがっているから、そんなことはしないだろうと思ったら、信じられないことが起こりました。


その日のオペにはA君とB君がついていました。
B君は動作がのろいので、初めから助教授にののしられっぱなし。
A君は気が気ではありません。
一方B君はいくらなんでも殴られはしないだろうと多寡をくくっているらしく、何度言ってもミスを繰り返していました。

痺れを切らした助教授、なんと手にしていた3本のメスを突然、投げつけてきました。
ビュッと空を切るメスはA君の鼻先を抜け、B君の手元めがけて飛んできました。
『アッ!!』
と手の甲を押さえるB君。

彼の後ろに座っていた麻酔医は表情ひとつ変えずに、胸元に飛んできたメスをナイスタイミングでヒョイとよけました。

すると、隣の看護士はすぐに新しいメスを渡す。
すかさずもう一人の看護士がB君の手に新しい手袋をかぶせる。
なんとあざやかな連携プレー。
B君はもうなすがまま状態。
こうして何事も無かったようにオペはつづいたのです。

ちなみにさっきのメスは麻酔医の椅子の横のドアーに当たって落ちていました。
さすが元草野球の投手だけあってコントロールは抜群です。
このオペ以来、あの助教授の怒りの鉄拳が場所を選ばないことを二人は悟ったそうです。

また明日。
ごきげんよう


Bee Comms
[ 2006/12/21 18:00 ] 美容・健康 | TB(0) | CM(0)

ショウガの湿布と飲み物 


ビーコムズ平林です。
我が社の文ちゃんが風邪を引きました。
悪名高き『ノロウィルス』ではありません。
ノロウイルスより、文ちゃんの方が鬼の撹乱といったほうが正しいかもしれません。
とにかくみなさまご用心ください。
今日はショウガの利用法を載せて見ます。


まず、肩こり、腰痛の湿布の作り方
ジャガイモを摩り下ろします。
1/2同等のショウガとメリケン粉をそろえます。
耳たぶぐらいの硬さにします。
布に薄く延ばし痛みのあるところにはります。

又は、ジャガイモの代わりに豆腐を絞って使っても大変良いです。
多少水分がありますので、張った上からサランラップとタオルで押さえ、テーピングして休みます。
肩こりにも同様にしてみてください。

筋肉痛、肩こりにも使います。
ショウガをおろしたものを皮膚に塗ります。
これでかなり楽になります。
生ショウガよりも粉末を使っていただくのが一番です。
粉末はおゆで溶きます刷り込むようにして使ってみてください。

お肌の弱い方は様子を見ながらお使いください。
ショウガの辛味によってぴりぴりしますが、私は肌の弱い方ですがかぶれたことはありません。



ショウガを使った飲み物は皆様よくご存知かとおもいますが、まず『ショウガ紅茶』、『生姜湯』、辛味に強い方は此処へ一味を少々。
どちらも熱い物をフーフーしながら飲むのが一番です。
風邪の時には蜂蜜などを足します。
喉の痛いときは少々我慢が要ります。

炎症を抑えてくれますので気管支炎、扁桃腺炎などによくかかる方は、『変だな~』と気付いた時にすぐ飲んでみてください。
寒気のすると気はこれが一番です。
分量は多めに使うことですね。
お役に立ちますでしょうか?

今日はこれで。
ありがとうございました。


Bee Comms
[ 2006/12/20 13:00 ] 美容・健康 | TB(0) | CM(0)

ニンニクと生姜について 



ビーコムズの平林です。
とても寒くなりました。
内の王子様、今日は熱が出てしまいました。

日曜日、お大根堀に夢中だったようです。
一歳と二ヶ月まだ農業は早いと思いますが、如何な物でしょうか?
ちびちゃんが、病気になると本当に可哀そうです。
病院へ連れて行くのも心配です。
ノロウイルス、空気感染もあるとか息も出来ません。
とにかく、体力を付け免疫力を上げないと大変なことになってしまいます。


古来よりニンニクはスタミナ食として利用されてきました。
そして生姜も素晴らしい薬効がありますね。
炎症を抑え、全ての病気の根源である冷えにも、とても良い効果が期待できます。

こういった自然の物を昔の人たちは利用してきました。
病院へは余程のことがないと行かれませんでした。
そう、それほど日本も貧しい人たちが多かったのです。
そんな時人間は自然界の力に頼ったのです。
そうして現在私たちは祖先の知恵で今日まで生き延びてこられたのだと思います。


まず、ニンニクについて。
ニンニクのパワーとニオイの元は「アリシン」と言う物質です。
ニンニクの中では「アリイン」と言う形で含まれていて、一緒にいる酵素「アリイナーゼ」の作用で「アリシン」になります。

有用成分をそのままに、この酵素を失活させて「アリイン」のままで、食べてから体内の酵素で「アリシン」としてニンニクのパワーを最大限に活用出来る様にした物が無臭ニンニクです。
これにビタミンB6が一層この働きを助けます。



生姜は金時生姜の粉末が薬効に優れています。
生生姜の成分の一つにジンゲロールがありますが、これを乾燥させますと成分が変化してショウガオールとなります。
ジンゲロールとショウガオールとの効果を比較しますと、色々な面でショウガオールの方に軍配が上がります。

冷えた身体は生物反応を全て停滞させます。
金時ショウガは胃液や唾液の分泌を促進させ副交感神経を活性化します。

副交感神経の活性化によって、まずゆったりとした気分を作り出してくれます。
寒気など感じたら早めにショウガ紅茶を「甘くして」熱々をのむとよいでしょう。
殺菌力もありますし、喉の炎症など、腰痛、肩こりなども湿布で随分楽になります。
湿布の作り方やその他は明日載せてみたいと思います。

どうぞ、お体大切に、


Bee Comms

[ 2006/12/19 12:00 ] 美容・健康 | TB(0) | CM(0)

 


ビーコムズ平林です。
土、日にデパートへ行きたいと思っていましたが、混雑しているとかで出掛けるのを止めました。
年末になると、どうしてこんなに皆んな忙しいのでしょうか。
また一つ歳を取るだけです。
今日は裏話です。


看護士さんが、末期がん患者のために麻薬の払い出しに薬剤部へ。
入院病棟用に薬剤を一定量ストックしておくために、定期的に薬剤部から出庫してもらうことを払い出しというそうです。

A子さんが記録をチエックし、一点ずつ点呼しながら、先輩の薬剤師さんの手から受け取っている時、誤って麻薬のアンプル「注射ビン」を箱ごと落としてしまいました。

直ぐに箱を拾い上げる薬剤師さん、幸いというべきか箱から飛び出して割れたアンプルは二個A子さんが
「すぐに片づけなくっちゃ」
とあわてて拾おうとすると
「動かないで!」
と薬剤師さんに叱り飛ばされました。

びっくりしているA子さんの左目からコンタクトレンズがポロット麻薬液の中に・・・。
そうとは知らない薬剤師さんは、アンプルをつまみ上げ、ビニール袋のなかへ、そして流れ出た液を静かにティシュペーパーで吸い取っています。

「こうやってね、一滴も残さず浸みこませるの」
呆然と突っ立ているA子さんに、ため息混じりにつぶやく薬剤師さん。
これから踏まなければならない、恐ろしく面倒な手続きに、早くもうんざりしています。

「あの、その中にコンタクトレンズが落ちたんですけど・・・」
A子さんが恐る恐る言うと
「まあ、でも無理ね、麻薬まみれだもの」
薬剤師さんは悲しげにそう答えました。

実はこういう破損した麻薬剤は、決して水に流したり、洗い落としてはいけないのです。
こぼした液は、一滴も残らずティシュペーパーに浸みこませて、麻薬管理の薬剤師の手を経て,厚生労働省に提出しなければならないのです。

麻薬の管理に病院が、かなりの労力を費やしていることは、余り知られておりません。
麻薬の使用量は厚生労働省の管理の下に厳しくチエックされているのです。

当たり前のことですが、それこそ0.1ミリグラムにいたるまで、使う分量と記録されている分量とに誤差があってはならないのです。

麻薬管理薬剤師主任に始末書を提出し、厚生労働省に出頭して終わります。
予想もしなっかった初体験にA子さんは落としたコンタクトレンズのことなど、考える余裕すらなかったそうです。

また明日


Bee Comms

[ 2006/12/18 12:35 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

給食費不払い運動なのか? 

ビーコムズ平林です。
今日、姪とチビちゃんを乗せて我が社へ向かう車中、珍しく姪が憤慨しています。


「おば(いつも私のことこう呼びます)知ってる?
すごく沢山の人が給食費を払わないんだって!!
学校が親御さんに払って貰えるように請求しても、
何処吹く風で居留守を使ったり、『払えません』と平気に言うんだって」
だそうです。


そしてTV局のインタビューを受けていたお母さんは、
「義務教育なんだから給食費は国が持つべきだ」
と立派な意見を吐いていたそうです。

小学生のお母さんなんですが、アナウンサーが
「携帯はお子さんに持たせていますか、電話料金はいくらぐらい使いますか」
と尋ねると
「6万円ぐらい」
と答えていました。


給食と携帯とどちらが大切かと尋ねると、即座に携帯と答えたそうです。
こんなお母さんを育てたお母さん!貴方の顔が見たい。
このお母さんの小学生の子供さんは何を見て育つのでしょう。
義務と責任を果たして初めて権利を求めることが出来る、常識です!!
と言うより良識と言うもんです。

姪は「子供は親を選べないから」とぽつりといいました。
自分の子供を心底愛しているからこの言葉が出てきたのだと思います。
自分以外の人間を本当に「愛」してください。
見えてくるものがあると思います。

久方ぶりに怒っています。
ではまた明日じゃない月曜日ですね。
今日もブログ見てくださって有り難う御座いました。


追伸

ホームページをリニューアルオープンしました。
セールもやっていますので是非お立ち寄り下さい。




Bee Comms

[ 2006/12/15 14:00 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

笑えないような裏話 



ビーコムズ平林です。
今日は一日雨です。
昼間の外気温は7度となっていました。

ノロウイルスは大丈夫でしょうかね?
うがい、手洗いで防げるのでしょうか?
老人や乳幼児は特に心配です。

いよいよこういった伝染病が都会から発生する時代の到来なのでしょうか。
人間が生態系を壊してきた付けを払わされる時が近いのかもしれません。

最近色々な本を買って読んでいます。
面白い本、悲しい本、すごく勉強になるもの、気持ちがとても優しくなれる本などもあります。
仕事柄やっぱり経済と健康について書かれているものをよく読みますが疲れます。


今日は裏話をひとつ載せてみたいのです。
T大病院の消化器病棟。
元気な患者さんのいる6人部屋。
女性ばかりの病室は騒がしい事、このうえないですね。

ある日、医師の後を追うように病室から患者さんの一人が出てきました。
思いつめた表情の彼女を別室に通し、話を聞こうとすると、Aさんは開口一番
「先生、私、ガンでしょうか?」
と聞いて来たそうです。


この病院では、入院患者の病状経過のために検温カードを付けていました。
体温をグラフで表示して、そのカードのわきに小さくアルファベット(実は病名の略字)なのです。

Aさんは
「他の5人はMKです。Kはカイヨウの略だと皆が言うんです。でも私のだけMGで・・・先生、Gはガンの略でしょう?私はガンなんでしょう?はっきりいってください。」
Aさんに問い詰められ、医師は言葉に詰まってしまったそうです。


本当はMKはドイツ語の「マーゲン・クレプス」つまり胃ガンの略なのです。
他の5人の思惑とは逆に、Gのほうがカイヨウのドイツ語略で「ゲシュビューア」なのです。

「とにかく、これは病名の略でもなんでもないんだから、みんなの言うことを気にすることはありません」
と早く病室に戻しました。
上手くAさんをかわしたそうです。

最近では何処の病院にも検温カードの習慣は無いそうです。
個人情報の保護などの理由もありますが、その一端がこうした状況を生み出すのを防ぐ意味もあっての事でしょうか?

皆さんこのお話笑えましたか?
笑えませんよね。
健康は明日の為にとても大切です。
その明日の為に、今日を大切に生きてくださいませ。
また明日、ありがとうございました。


Bee Comms
[ 2006/12/14 11:30 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

ガイアの夜明け語録 その四 



ビーコムズ平林です。
今日もう一度ガイアの夜明を載せさせてください。
なんだか、人のフンドシで相撲をとってるみたいで申し訳ないのですが、TV見ていなかった方へと思います。



「目が光っている若者なんて、今の日本ではなかなか見る事が出来ない。でもインド人の日本語学校の若者は皆、目が輝いていた」

大橋憲司さんはアイポック社長。
インド西部にある学園都市プネ。
そこにあるITプロフェッショナル・カレッジは日本で働くことを目指すインド人がIT技術者向けに日本語教育を施す専門学校です。
此処を設立したのは日本のベンチャー企業、アイポック社です。

インド人のIT技術が高いのは世界的に有名です。
1950年代当時のネール首相が将来のコンピューター時代到来を予見して、理数系教育に力を入れたことがIT大国インドの基礎を築いたと言われています。

大橋さんが日本にインド人IT技術者を連れてこようと思い立ったのは日本語学校を訪ねた時の第一印象からだったそうです。

「そこにいた30人ぐらいの若者が皆、目が輝いていた。すごく目が透き通っていた。目が光っている若者なんて今の日本ではなかなか見る事が出来ない。だから彼らと何か出来ないかとビビッと感じた」
と語っていました。

卒業試験の模擬プレゼンテーションもあえて厳しく16人の卒業生の内合格者は5人。
この人たちが日本への切符を手にした事になります。

合格発表の場で大橋さんは
「貴方たちが頑張ってくれないとインドがダメじゃないかと言われてしまう。そんなこと言わせたくないよね。ここに残る人たちも応援して欲しい」
と生徒たちに語り掛けたそうです。


大橋さんが願うことはそんなインド人の姿を見て日本人に奮起してもらいたい。
彼らが日本で活躍することが日本にも大きな刺激になる。

昔みたいにギンギラギンの目をしたやつがどんどん増えてきて、日本人もすごいんだと言うのを見せて欲しいと、熱く語っておられました。

ご自分の国を愛しているのですね。
そして若者がとても好きなんだと思います。
次の時代を背負っていく若者たちが、とても大切なんだと言うことが解っている大人がいるんです。

この平和な日本で、なかなかギンギラギンとは行かないまでも、時々とても澄んだ目をした若者に出会うこともあります。
私は、人間捨てたもんじゃないなと嬉しくなるような人にも出会います。
この平和な日本に感謝します。
「少年よ大志を抱け」
また明日・・・


Bee Comms

[ 2006/12/13 13:00 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

ガイアの夜明け語録 その三 


ビーコムズ平林です。
語録の中で私はこれが一番好きです。


「行き先不明だけど最終電車が出ると言うから思い切って載ってみようと思った」

中国経済成長の象徴的存在『上海』。
2002年3月大手企業のエリートサラリーマンの座を捨てて、一人の日本人がこの地にやってきた。
繊維を専門に扱う日本の商社に採用されて、中国でカバン用の生地を仕入れる仕事に付いた『平野勲』さん。

平野さんは大手商社の丸紅に30年間勤めた。
日本国内で繊維を買い付けてアパレルメーカーなどに卸す仕事をされていました。
繊維のエキスパートです。
しかし日本の繊維業界は中国などのコスト競争に敗れて衰退の一途を辿っていました。
製造拠点もどんどん日本国内から中国へと移っていきました。
平野さんは自分の居場所がなくなったと感じるようになったそうです。

自分を行かせる仕事がしたい、中国行きを決意した“60歳の”平野さん最終電車に飛び乗ったのです。
丸紅時代にくらべ収入は三分の一程度に減ったが悔いはない。
ただ「怖い物知らずで」と単身赴任の平野さんは笑っていました。
中国での仕事は大変でしたが、60歳にして最終電車に飛び乗ることが出来る情熱と勇気のある方ですので、自分を雇ってくれた社長に対して早く期待にこたえたいと頑張りぬいたのです。

初めてのビジネスが成立し、中国での記念すべき第一歩を踏み出し、日本経済にも大きく貢献されました。
「1960年代の日本を参考にしたら、今の中国で色々出来るのではないか」と語る平野さん新天地での挑戦が今も続く。

私も60歳まだまだ頑張れるぞ!!
元気になれますよね。


Bee Comms

[ 2006/12/12 11:00 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

ガイアの夜明け語録 その二 




ビーコムズの平林です。
ガイアの夜明け語録を・・・

「金持ちになる秘訣?それは、皆が知らない内に買っておいて皆が騒ぐ頃には売ることだ」

ジム・ロジャース「投資家」特注の黄色いベンツを自ら運転して、世界一周の冒険旅行を2度も成し遂げた人。
そして世界的に有名な投資家です。
現在は、ニューヨーク・マンハッタンの高級住宅街にある自宅で、自己資産を運用して優雅に暮らしているそうです。
このマンハッタンの自宅も1970年代ニューヨークの不動産が下落していた時に手に入れたそうです。

「購入した時に比べて価格は150倍になっている」と笑う、世界一周旅行も単なる観光目的ではない。
「危険な場所には誰も行かないし、投資もしない、だから全ての物が非常に安いでも、そこへ足を運んで危険ではないと確かめればそこで投資をするのだ」

周到な準備をしたうえで投資する、カリスマ投資家の極意だそうです。
ロジャースさんは2003年60歳を過ぎて始めての子供さんをもうけました。
長女の面倒をみるベビーシッターは中国人女性。
彼の目は米国から日本を越えて、中国の大地に向こうとしているのかもしれません。

皆さん、ランイット「それを学べ」ドゥイット「それを実行に移せ」
これも私の大好きな言葉です。
また明日・・・


Bee Comms
[ 2006/12/11 13:30 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

ガイアの夜明け語録 その一 


ビーコムズの平林です。
『ガイアの夜明け』がTV報道する日は、出来るだけ時間を割いてみるようにしています。

『立派な人は立派な言葉を残す』
人を納得させるし、元気にさせる言葉を残すことができますね。
ガイアの夜明けの中から私の好きな言葉を載せてみたいと思います。

「ビジネスは何の為にあるのか?それは働いている人の幸せを実現するためにある。」

クロネコヤマトの生みの親、小倉昌男さんの言葉です。
経営の第一線から身を引いて、心身に障害のある人たちの自立を目指す事業「ヤマト福祉財団」を設立。
小倉さんが福祉に力を入れる背景には行政などが運営する「共同作業所」での月給が、平均で¥5000円にも満たないという企業に対して「障害者雇用促進法」はあるものの狙い道理に機能してはいない。
『スワンベーカリー』は障害者と健常者がともに働く店で「月給¥10万円の維持」を掲げ、加盟店には障害者にもその労働に見合った給料を支払うことを義務づけている。
働く喜びを味わうと共に相応の給料を支払って自立を促す。
障害者の雇用が目的とはいえ、単なる慈善事業ではなく、あくまでビジネスとして成立させる。

障害者だって、決して弱い立場じゃない。
皆それぞれやる気があるし、社会のために役立ちたいと思っている経営者は障害者が自立するように助けてあげればいい。
行政主導の福祉の現状に疑問をなげかける小倉さんの回答がこの事業なのです。

国がやらないなら自分がやる
それが、人間としての小倉さんのポリシーだ。
最後にお断りしておきますが、財団法人スワンベーカリーはフランチャイズ制のみせで、財団は、経営指導はするが店からのロイヤリティは一切取らないということです。

もうしばらくこの 続きをとおもいます。
また来週


Bee Comms
[ 2006/12/08 20:00 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

櫛、かんざし「岡崎智予コレクション」 



ビーコムズの平林です。
今日は素敵な一冊の本を見つけました。

日本の伝統的な髪飾り、近世以降のものが中心で編集されています。
それらの驚くべき加工技法の高さや表現の斬新さ。
さらに材質の多様さは改めて日本文化の高い程度や美に対する深い心を象徴し、今更ながら日本の誇るべき文化財である見出しにはこう書かれています。

櫛、かんざしの装身具は、日本では古く石器時代の昔、ほぼ一万年前にすでに立派な物が残っているそうです。
かんざしは勿論のこと、櫛は編櫛とすき櫛の両方があって、これも石器時代の初めから残り、不思議にその基本形はほとんど近世「江戸時代」の物と変わっていないそうです。

編櫛は全面に漆をかけ朱を施していて、呪力信仰を示し、これは弥生時代から古墳時代にかけても同じです。
そして奈良時代から爪形や半円形の板すき櫛が流行しだしました。
その頭の部分に彩色、絵画、金玉等がつけられた高級品できはじめました。

その美しい髪飾りを皆様おみせしたいです。

櫛1


櫛2


櫛3



目の保養になりましたか?


Bee Comms


[ 2006/12/07 12:00 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

翔(かける)・お兄ちゃんに・・・ 



お久しぶりです。
ビーコムズの上元です。
今日はピンチヒッターで私の日記を・・・

まだ、この世に誕生してから7ヶ月。
2007年4月に1歳2ヶ月でお兄ちゃんになります。
これから、ますます翔に手がかかるのに・・・
翔だってこれからママに甘えたい時期なのに・・・
かわいそうでなりません。

ママだってこれから大変です。
周りは皆早すぎると反対しましたが、ママは「大変でも頑張る」と言うので、もう何も言えません。
ちなみに、最低でも子供は三人ほしいそうです。
はい、頑張ってください。

でも、この調子だったらもっとかもね~。
だってママとパパはとても愛しあっているから・・・
二人目は女の子がほしいそうですが、こればかりはわかりません。

私、(名古屋ばあちゃん)としても女の子を望んでいます。
パパも女の子を望んでいます。
でも、また男の子のような気がします。
翔には男の兄弟のほうがいいと思います。

今、産婦人科で色々な問題があるようですが、翔のときは大変でしたので、今度はそんな事のないよう気をつけたいと思っています。
来年の春は楽しみです。
無事に生まれてきますように、願いつつ。


Bee Comms
[ 2006/12/06 16:00 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

『脳トレ』してますか? 



ビーコムズ平林です。
今日は一段と寒くなりましたね。

ある雑誌を見ていましたら高齢者に限らず、20~40台の働き盛りの人の物忘れも酷いとか載っていましたので、今日は少し書いてみたいと思います。

まず、私たちの脳は自主的に判断したり、考えたりするといった『刺激を与えていない』と年齢に関係なく、日常使われない機能は低下してしまうものです。

マニュアル通りに仕事をこなしているだけの人は、このパターンの若年性健忘症になりやすいそうです。
また一日中仕事に追われて、ほとんど自由な時間が無い多忙な人も、実は若年性健忘症になりやすいそうです。

仕事に必要な脳の一部分しか働いておらず、外部の変化に対応する機能が低下し物忘れが起こりえるそうです。
この病気が増加している背景には、現代社会特有の環境も影響しているのです。

まさに便利な生活が脳をダメにしている部分が多いのではないでしょうか?
車に乗ればカーナビがあり、道に迷うこともなく地図を見ることもありません。
手帳を見なくても携帯電話に全ての機能があり、いつも頭は空っぽにしていても何の心配もなく、指先が勝手に動いて住所録も番号も引き出してくれます。

若い人たちが巧みに携帯を操る指先を見ていると、私の年代の者は敬意を払いたくなってしまいますが、その反面いつ頭を使うのかと心配になります。
TVが出現したときも一億総白痴化などといわれたものですが、文明が人間をだめにしてよいものでしょうか?

それを受け入れてゆく人間が、『ただ与えられた物を使う』、『便利だから使っていく』。
それが若年性健忘症につながっていくとしたら、本当に一億総白痴化となり、今昔物語では済まされない国家の危機となります。

脳機能の低下を予防するにはどうすればよいのでしょうか?
一番有効な方法は毎日の生活に変化をつけること。
習い事を始めても良いし、自宅まで仕事を持ち帰っている人はそれをやめ、自宅では仕事以外の事を考える。

パソコンを長時間使う視覚に偏った仕事をしている人は、積極的にラジオを聞くなど他の感覚を使う努力が最も大切です。
上司に言われたことや、同僚から聞いた話を直ぐに忘れてしまうので困っている。
仕事にも影響が出始めているそうです。

「人間は考える葦である」
頑張りましょうね。
また明日・・・


Bee Comms
[ 2006/12/05 13:30 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

私の日曜日 part.17 



ビーコムズの平林です。
土日お休みでした。
土曜日頑張って早く起きました。

姪の家族「我が社の斉藤」と10時に健康ランド温泉へ出かけました。
斉藤家の王子様は一歳と2ヶ月になりました。
歩いています。
人生の第一歩です。
感激しましたねー。

益々可愛くなりました。
オムツで膨らんだお尻をフリフリしながら、
「どう?上手に歩けるでしょ?」
と言わんばかりに私たちを振り返って得意げです。
一時も目を離すことができません。

赤ちゃんの時からお風呂大好きです。
おかげでプールへも喜んで行きます。
そんな子が健康ランドです。
目がランランと輝いて至極ご機嫌です。
だれかれ構わず朝のご挨拶です。
私たちはそれぞれに目的があって出かけました。

姪と私は『韓国式垢コスリ』、斉藤はお気に入りの『韓国式手もみマッサージ』です。
人間、毎日お風呂に入っていてもすごいですよ!!
垢!!
恥ずかしいぐらい出ました。
血流が良くなり気分も爽快になります。

せめて月一度ぐらい出かけたいね。
いつも出掛けると、あまりの心地よさに、
「月一で来よう」
と姪と話しているのですが、半年に一回が精一杯です。
どうしてこんなに忙しいのでしょうかね。
私だけではありません。
皆そうなんです。

暇なのは斉藤家のぼくちゃんだけです。
ただし暇そうにはしていません。
ありとあらゆる物に興味を示します。
何でも触って確かめます。
裸の僕ちゃんはとても可愛らしいのですが、それを追いかける私を想像してみてください。
最悪です。
皆様ごめんなさいね!!

でも、お肌はツルツル、テカテカになりました。
僕ちゃんは疲れて車の中でおねんねしてます。
途中寄り道してきましたが、あっという間に一日が終わります。
ディーナーは近くの洋食屋さんでチビさんと戦いながらの食事です。

楽しかったー。
日頃の疲れも吹っ飛びます。
日曜日は自宅で夫のお守りでした。
幸せな私です。
感謝!!

また明日。
皆様今日も見てくださってありがとうございました。


Bee Comms
[ 2006/12/04 12:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

アレルギーと食品とTNFについて 


ビーコムズ平林です。今日もアレルギー関連の記事を・・・
どうぞ宜しく。


食品は長い間、栄養素と言う観点から捉えられてきましたが、近年になって生体調節と言う栄養素の働きとは違った機能が注目されるようになってきました。
実際、野菜をはじめとする植物性食品の中に医療の現場で用いられるような、免疫力を強化する免疫増強剤に類似する免疫活性化成分が存在することが解ってきました。

免疫機構は、白血球が担っていますが、体外から侵入する異物だけでなく、体内で生じた変性物や老化した細胞なども処理しています。
私たちが毎日食している植物性食品の中に白血球と相互作用し、活性化する成分があれば、健康に及ぼす影響は非常に大きいとおもいます。

食べ物は毎日とることからとても大きな意味を持っています。
野菜には、ビタミン、ミネラル、セインなどの栄養素が豊富にあり、それらの重要性はよく知られてきたことです。
体内に入った野菜の有効成分は直接作用だけでなく、白血球の活性化を通じて発ガン抑制に貢献していると考えられます。


『白血球増加作用で実験した結果、ニンニク、キャベツ、長ネギなどは薬に匹敵するほどの非常に強い作用がある』
と山崎先生の著書にあります。


その他、ホウレン草、人参、パセリ、茄子、ピーマン、キュウリ、大根、カブなどにも大なり小なり増加作用があることがわかっています。

野菜の増加物質は安全性も高く将来にむけて大きな期待が持てると言われています。
白血球自身が分泌するサイトカインによって担われていますが、遺伝的にサイトカインを充分に作れない人は、重い感染症を繰り返すことになります。

ここで重要なのは、サイトカインのTNFは、通常食べている淡色野菜「大根、なす、キャベツ」には強いTNF誘導能があることがわかっています。
ガンの疫学調査でもカリフラワー、キャベツ、玉ネギ、なす、などが、ガン予防効果が認められているそうです。

逆に白血球の機能を抑制する成分も野菜に含まれています。
TNFは大切なサイトカインですが、過剰産生が種々の病気の原因や悪化要因になることもあります。
それが、炎症、アレルギーといった病気に繋がっていきます。

TNFの過剰産生がみられ、TNFの産生量を下げることによって病状の改善が期待できます。
このようなTNFの過剰を抑えるのは、病的な炎症、アレルギーなどは抗アレルギー剤、ステロイド剤などは、強力な抑制作用を示し、TNFの分泌も99パーセント以上抑制します。

これに比べ「シソ」などは数十パーセントしかTNFの産生を抑制しませんが、「やっぱり薬のほうが強力」じゃないかと思われるかもしれません。
しかし、ステロイド剤のような強力なものよりも、食品由来の物質の方が望ましいといえます

TNFは本来、生体防御機構に必須のサイトカインであり、それを完全に抑えてしまうのは生体にとって異常なことだからです。
「シソ」の中には炎症を抑える物質はフラボノイド類であり熱にも安定な低分子物質です。

薬の世界では生体防御機能を高めたいとき免疫賦活剤を使用しますが、食の世界でも野菜等には白血球増加や活性化をもたらす成分が豊富に存在しています。
反対に病的な炎症、アレルギー状態の時には生体防御機構がゆがんで高まりすぎている時、「シソ」や「生姜」などは働きを制御する成分が含まれています。

このことを考えてみても、アレルギー疾患など、生体防御機構は日々の食生活にかなり影響されていることが解ります
食品由来の有効成分をそれこそ有効に活用することが健康に生きるうえで大切ではないでしょうか

アレルギーとサイトカインはこれで終わります。
ありがとうございました。


Bee Comms

[ 2006/12/01 13:30 ] 美容・健康 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Bee Comms

Author:Bee Comms
FC2ブログへようこそ!
Bee Comms(ビーコムズ)社長日記です。
「美容や健康」についてや「世間話」など、書きたいことを書いていく予定です。

FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中!
1クリックお願いします。

FC2ブログランキング

ブログ検索
カレンダー
11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。